ALL_DIRECTORIES

ALL_DIRECTORIES は現在のユーザーがアクセスできるディレクトリを示すOracleデータ・ディクショナリ・ビューである。

ALL_DIRECTORIES
列名 データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(128) NOT NULL ディレクトリオブジェクトの所有者
DIRECTORY_NAME VARCHAR2(128) NOT NULL ディレクトリオブジェクトの名前
DIRECTORY_PATH VARCHAR2(4000) ディレクトリのパス
ORIGIN_CON_ID VARCHAR2(256) データの発生元のコンテナのID

権限

すべてのユーザーが ALL_DIRECTORIES データ・ディクショナリ・ビューを参照できる。

OWNER

Oracleデータ・ディクショナリ・ビュー「ALL_DIRECTORIES」の「OWNER」列は、ディレクトリオブジェクトの所有者を示す。

ディレクトリ・オブジェクトは所有者が常に SYS であるため、「OWNER」列は常に「SYS」である。

DIRECTORY_NAME

Oracleデータ・ディクショナリ・ビュー「ALL_DIRECTORIES」の「DIRECTORY_NAME」列は、ディレクトリオブジェクトの名前を示す。

DIRECTORY_PATH

Oracleデータ・ディクショナリ・ビュー「ALL_DIRECTORIES」の「DIRECTORY_PATH」列は、ディレクトリのパスを示す。

ORIGIN_CON_ID

Oracleデータ・ディクショナリ・ビュー「ALL_DIRECTORIES」の「ORIGIN_CON_ID」列は、データの発生元のコンテナのIDを示す。

ディレクトリに関するデータ・ディクショナリ・ビュー

ディレクトリ・オブジェクトに関するデータ・ディクショナリ・ビューには、次のものがある。

ディレクトリに関するデータ・ディクショナリ・ビュー
データ・ディクショナリ・ビュー 説明
ALL_DIRECTORIES 現在のユーザーがアクセスできるディレクトリ・オブジェクト
DBA_DIRECTORIES Oracleデータベース内すべてのディレクトリ・オブジェクト

ディレクトリ・オブジェクトは所有者が常に SYS であるため、USER_DIRECTORIES というデータディクショナリは存在しない。

ディレクトリに関するシステム権限

ディレクトリ・オブジェクトに関するシステム権限には、次のものがある。

ディレクトリに関するシステム権限
システム権限 説明
CREATE ANY DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを作成できる。
DROP ANY DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを削除できる。

ディレクトリに関するSQL

ディレクトリ・オブジェクトに関するSQL文には、次のものがある。

ディレクトリに関するSQL
SQL 説明
CREATE DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを作成する。
DROP DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを削除する。

OracleデータベースにALTER DIRECTORY文は存在しない。ディレクトリ・オブジェクトを変更したいときは、CREATE OR REPLACE DIRECTOY文でディレクトリ・オブジェクトを置き換える。

データ・ディクショナリ・ビュー

オラクル・データベースのデータ・ディクショナリ・ビューには、次のものがある。