Oracle Database

Oracle Databaseはオラクル社が開発・販売しているリレーショナルデータベース管理システムである。

ALERTログ

オラクルのプロセスからシステム・ログ・メッセージとエラー情報が出力されるファイルがALERTログである。

初期化パラメータ background_dump_dest に設定された値が格納場所となる。SQL*Plus から show parameter コマンドを実行することで、初期化パラメータを確認することができる。

$ sqlplus /nolog
SQL> connect / as sysdba
接続されました。
SQL> show parameter background_dump_dest

NAME                 TYPE   VALUE
-------------------- ------ ------------------------------
background_dump_dest string /oracle/product/10.2.0/Db_1/ad
                            min/orcl/bdump
SQL>

初期化パラメータ background_dump_dest が設定されていない場合は、$ORACLE_HOME/rdbms/log が格納場所となる。

ALERTログのファイル名はOSによって異なる。

ALERTログのファイル名
OS ログファイル名
Unix/Linux alert_SID.log
Windows SIDalert.log

ここで、SID はシステム識別子を表す。たとえば、システム識別子がorclの場合、UNIXでのALERTログのファイル名は alert_orcl.log となる。

バックグラウンド・トレース

バックグラウンド・プロセスからエラー情報が出力されるファイルがバックグラウンド・トレースである。

初期化パラメータ background_dump_dest に設定された値が格納場所となる。

バックグラウンド・トレースのファイル名はOSによって異なる。

ALERTログのファイル名
OS ログファイル名
Unix/Linux SID_プロセス名_PID.trc
Windows SIDプロセス名.trc

ユーザー・トレース

サーバー・プロセスからエラー情報とSQL文の統計情報が出力されるファイルがユーザー・トレースである。

初期化パラメータ user_dump_dest に設定された値が格納場所となる。SQL*Plus から show parameter コマンドを実行することで、初期化パラメータを確認することができる。

$ sqlplus /nolog
SQL> connect / as sysdba
接続されました。
SQL> show parameter user_dump_dest

NAME                 TYPE   VALUE
-------------------- ------ ------------------------------
user_dump_dest       string /oracle/product/10.2.0/Db_1/ad
                     min/orcl/udump
SQL>

ユーザー・トレースのファイル名はOSによって異なる。

ALERTログのファイル名
OS ログファイル名
Unix/Linux ORAPID.trc
Windows SID_ora_PID.trc

ALERTログやバックグラウンド・トレースは常に出力されるが、ユーザー・トレースは出力の有無を制御することができる。

V$DATABASE

V$DATABASEはデータベースに関する情報を示す動的パフォーマンス・ビューである。

V$DATABASE
説明
DBID データベースの識別子
NAME データベース名
CREATED データベースの作成日
RESETLOGS_CHANGE# オープン・リセットログでのシステム変更番号
RESETLOGS_TIME オープン・リセットログのタイムスタンプ
PRIOR_RESETLOGS_CHANGE# 以前のリセットログでのSCN
PRIOR_RESETLOGS_TIME 以前のリセットログのタイムスタンプ
THREAD# インスタンスでオープンされたREDOスレッド
LOG_MODE アーカイブ・ログのモード
CHECKPOINT_CHANGE# 前回にチェックポイントされたSCN
ARCHIVE_CHANGE# データベースでアーカイブが強制されるSCN
CONTROLFILE_TYPE 制御ファイルのタイプ
CONTROLFILE_CREATED 制御ファイル順序番号
CONTROLFILE_CHANGE# バックアップ制御ファイル内の最後のSCN
CONTROLFILE_TIME バックアップ制御ファイル内の最後のタイムスタンプ
OPEN_RESETLOGS 次のデータベースのオープン時にRESETLOGSオプションが許可されるか
VERSION_TIME バージョン・タイム
OPEN_MODE オープン・モード情報
PROTECTION_MODE データベースに対して現在有効な保護モード
PROTECTION_LEVEL データベースに対して現在有効な集計保護モード
SQL> SELECT LOG_MODE V$DATABASE;

LOG_MODE
------------
NOARCHIVELOG

V$INSTANCE

V$INSTANCEは現行インスタンスの状態を示す動的パフォーマンス・ビューである。

V$INSTANCE
説明
INSTANCE_NUMBER インスタンス番号
INSTANCE_NAME インスタンス名
HOST_NAME ホスト名
VERSION データベースのバージョン
STARTUP_TIME インスタンスの起動時刻
STATUS インスタンスの状態
PARALLEL インスタンスがクラスタ・データベース・モードでマウントされているかどうか
THREAD# インスタンスでオープンされたREDOスレッド
ARCHIVER 自動アーカイブの状態
LOG_SWITCH_WAIT ログ・スイッチのが待機中のイベント
LOGINS ログインできるユーザ
SHUTDOWN_PENDING 停止が保留中かどうか
DATABASE_STATUS データベースの状態
INSTANCE_ROLE インスタンスの役割
ACTIVE_STATE インスタンスの静止状態
BLOCKED すべてのサービスがブロックされているかどうか
CON_ID コンテナのID
INSTANCE_MODE インスタンスのモード
EDITION データベースのエディション
FAMILY 内部使用
SQL> SELECT INSTANCE_NAME, STATUS FROM V$INSTANCE;

INSTANCE_NAME STATUS
------------- ------
ORCL          OPEN