Oracle Database

Oracle Databaseはオラクル社が開発・販売しているリレーショナルデータベース管理システムである。

ALERTログ

オラクルのプロセスからシステム・ログ・メッセージとエラー情報が出力されるファイルがALERTログである。

初期化パラメータ background_dump_dest に設定された値が格納場所となる。SQL*Plus から show parameter コマンドを実行することで、初期化パラメータを確認することができる。

$ sqlplus /nolog
SQL> connect / as sysdba
接続されました。
SQL> show parameter background_dump_dest

NAME                 TYPE   VALUE
-------------------- ------ ------------------------------
background_dump_dest string /oracle/product/10.2.0/Db_1/ad
                            min/orcl/bdump
SQL>

初期化パラメータ background_dump_dest が設定されていない場合は、$ORACLE_HOME/rdbms/log が格納場所となる。

ALERTログのファイル名はOSによって異なる。

ALERTログのファイル名
OS ログファイル名
Unix/Linux alert_SID.log
Windows SIDalert.log

ここで、SID はシステム識別子を表す。たとえば、システム識別子がorclの場合、UNIXでのALERTログのファイル名は alert_orcl.log となる。

バックグラウンド・トレース

バックグラウンド・プロセスからエラー情報が出力されるファイルがバックグラウンド・トレースである。

初期化パラメータ background_dump_dest に設定された値が格納場所となる。

バックグラウンド・トレースのファイル名はOSによって異なる。

ALERTログのファイル名
OS ログファイル名
Unix/Linux SID_プロセス名_PID.trc
Windows SIDプロセス名.trc

ユーザー・トレース

サーバー・プロセスからエラー情報とSQL文の統計情報が出力されるファイルがユーザー・トレースである。

初期化パラメータ user_dump_dest に設定された値が格納場所となる。SQL*Plus から show parameter コマンドを実行することで、初期化パラメータを確認することができる。

$ sqlplus /nolog
SQL> connect / as sysdba
接続されました。
SQL> show parameter user_dump_dest

NAME                 TYPE   VALUE
-------------------- ------ ------------------------------
user_dump_dest       string /oracle/product/10.2.0/Db_1/ad
                     min/orcl/udump
SQL>

ユーザー・トレースのファイル名はOSによって異なる。

ALERTログのファイル名
OS ログファイル名
Unix/Linux ORAPID.trc
Windows SID_ora_PID.trc

ALERTログやバックグラウンド・トレースは常に出力されるが、ユーザー・トレースは出力の有無を制御することができる。