VMware Workstation Player(無料版)のインストールと使い方

VMware Workstation Playerとは、無料で使える仮想化用ソフトウェアです。Windows上でLinuxなどほかのOSを動作させることができます。この記事では、VMwareのインストール方法と使い方をご紹介します。

VMware Workstation Playerとは

VMwareを使用すると、実マシン(ホストOS)上に仮想マシン(ゲストOS)を構築できる。ホストOSとゲストOSは異なってもよく、たとえばWindows上でLinuxを動作させることもできる。

VMwareにはさまざまな製品があるが、VMware Workstation Playerは非営利目的であれば無償で使用することができる。

ダウンロード

VMware社の公式サイトからVMware Workstation Playerのインストーラをダウンロードする。

インストール

ダウンロードしたVMWare Workstation Playerのインストーラを実行する。

「次へ」ボタンをクリックする。

使用許諾契約書

「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックする。

カスタムセットアップ

インストール先と追加機能を選択して、「次へ」ボタンをクリックする。

ユーザーエクスペリエンスの設定

必要な項目にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックする。

ショートカット

システムに配置するショートカットにチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックする。

VMware Workstation Playerのインストール準備が完了するので、「インストール」ボタンをクリックする。

インストール準備完了

「インストール」ボタンをクリックすると、インストールが始まる。

インストール完了

しばらく待つと、VMware Workstation Playerのインストールが完了する。

「完了」ボタンをクリックして、インストーラを終了させる。

システム再起動

拡張キーボードドライバをインストールするよう選択した場合は、システムの再起動が必要になる。

「はい」ボタンをクリックして、Windowsを再起動させる。

VMware Workstation Playerを初めて起動したときのみ、非営利目的か商用か尋ねてくるので、いずれかを選択して「続行」ボタンをクリックする。

仮想マシンの作成

VMware Playerを起動して、「新規仮想マシンの作成」を選択する。

インストール先フォルダ

インストール先フォルダを指定して、「次へ」ボタンをクリックする。

仮想マシン設定の編集

この仮想マシンに割り当てるメモリ値を指定する。

仮想マシンのネットワーク設定

  1. 「仮想マシン設定の編集」をクリックする。
  2. 「仮想マシン設定」ダイアログの「ハードウェア」タブをクリックする。
  3. 「デバイス」の「ネットワークアダプタ」を選択する。
  4. 「ネットワーク接続」の「ブリッジ:物理ネットワークに直接接続」を選択する。