ALL_OBJECTS

ALL_OBJECTS は現在のユーザーがアクセスできるオブジェクトを示すOracleデータ・ディクショナリ・ビューである。

ALL_OBJECTS は次の列を持つ。

ALL_OBJECTS
データ型 NULL 説明
OWNER VARCHAR2(30) NOT NULL オブジェクトの所有者
OBJECT_NAME VARCHAR2(30) NOT NULL オブジェクトの名前
SUBOBJECT_NAME VARCHAR2(30) サブオブジェクトの名前
OBJECT_ID NUMBER NOT NULL オブジェクトのディクショナリ・オブジェクト番号
DATA_OBJECT_ID NUMBER オブジェクトを含むセグメントのディクショナリ・オブジェクト番号
OBJECT_TYPE VARCHAR2(19) オブジェクトの種類
CREATED DATE NOT NULL オブジェクトの作成についてのタイムスタンプ
LAST_DDL_TIME DATE NOT NULL 前回の変更についてのタイムスタンプ
TIMESTAMP VARCHAR2(19) オブジェクトの作成についてのタイムスタンプ
STATUS VARCHAR2(7) オブジェクトの状態
TEMPORARY VARCHAR2(1) 一時オブジェクトかどうか
GENERATED VARCHAR2(1) オブジェクトの名前がシステムによって生成されたかどうか
SECONDARY VARCHAR2(1) セカンダリ・オブジェクトかどうか
NAMESPACE NUMBER NOT NULL オブジェクトのネームスペース
EDITION_NAME VARCHAR2(30) オブジェクトが実在するエディションの名前

権限

すべてのユーザーが ALL_OBJECTS データ・ディクショナリ・ビューを参照できる。

OBJECT_NAME

Oracleデータ・ディクショナリ・ビュー「ALL_OBJECTS」の「OBJECT_NAME」列は、オブジェクトの名前を示す。

無効なシノニムを調べるには、ALL_OBJECTS、DBA_OBJECTS または USER_OBJECTS データディクショナリビューのSTATUS列が INVALID の行をを問い合わせる。

SELECT OBJECT_NAME FROM USER_OBJECTS WHERE OBJECT_TYPE = 'SYNONYM' AND STATUS = 'INVALID'

OBJECT_TYPE

Oracleデータ・ディクショナリ・ビュー「ALL_OBJECTS」の「OBJECT_TYPE」列は、オブジェクトの種類を示す。

OBJECT_TYPE
オブジェクトの種類
DATABASE LINK データベースリンク
FUNCTION ファンクション(関数)
INDEX インデックス(索引)
PACKAGE パッケージ仕様部
PACKAGE BODY パッケージ本体
PROCEDURE プロシージャ
SEQUENCE シーケンス
SYNONYM シノニム(別名)
TABLE テーブル(表)
TRIGGER トリガー
VIEW ビュー

STATUS

Oracleデータ・ディクショナリ・ビュー「ALL_OBJECTS」の「STATUS」列は、オブジェクトの状態を示す。

STATUS
オブジェクトの状態
VALID 有効
INVALID 無効
N/A 適用外

シノニムが有効か無効かを判断するには ALL_OBJECTS、DBA_OBJECTS または USER_OBJECTS データディクショナリビューのSTATUS列を問い合わせる。

SELECT STATUS FROM USER_OBJECTS WHERE OBJECT_TYPE = 'SYNONYM' AND OBJECT_NAME = 'EXAMPLE'

関連データ・ディクショナリ・ビュー

ALL_OBJECTS に関連するデータ・ディクショナリ・ビューには次のものがある。

関連データ・ディクショナリ・ビュー
データ・ディクショナリ・ビュー 説明
DBA_OBJECTS Oracleデータベース内すべてのオブジェクト
USER_OBJECTS 現在のユーザーが所有するオブジェクト

データ・ディクショナリ・ビュー

オラクル・データベースのデータ・ディクショナリ・ビューには次のものがある。