crontab

crontabは、cronデーモンの設定ファイルを管理するコマンドである。cronデーモンの設定ファイルであるcrontabファイルは、ユーザ毎に存在する。crontabファイルは直接編集することが禁じられているため、crontabコマンドを用いて表示、編集及び削除する。

形式

crontab [ -u user ] [ -i ] { -e | -l | -r }

オプション

-e
crontabを編集する。
-i
crontabを削除する前にユーザに確認する。
-l
crontabを標準出力に出力する。
-r
crontabを削除する。
-u user
指定したユーザのcrontabを対象とする。

crontabの書式

[#] min hour day month dayofweek command

先頭に#が付いている行は注釈である。minには、分を0から59までの数値又は*を指定する。hourには、時を0から23までの数値又は*を指定する。dayには、日を1から31までの数値又は*を指定する。monthには、日を1から12までの数値又は*を指定する。dayofweekには、曜日を0(日曜日)から6(土曜日)までの数値又は*を指定する。

commandには実行するコマンドを指定する。

毎日0時、4時及び12時にコマンドを実行する場合は、「0 0,4,12 * * *」と指定する。

確認

$ crontab -l

編集

$ crontab -e

コメントアウト

先頭に#が付いている行はコメント(注釈)となる。

Linuxコマンド