apt-get

apt-get (Advanced packaging tool - get) はdebパッケージを管理するLinuxコマンドである。パッケージのダウンロードからインストールまで一括で行うことができる。

Debianやその派生ディストリビューションであるUbuntu、Linux Mintで使用できる。

debは、DebianやUbuntuで採用されているパッケージ管理システムである。debパッケージファイルの拡張子は.rpmである。

構文

apt-get [option] [command] [package]

オプション

apt-get コマンドには次に示すオプションを指定できる。

-d
--download-only
パッケージファイルは取得するが、展開やインストールは行わない。

サブコマンド

apt-get のサブコマンドを以下に示す。

autoclean
アーカイブファイルの中で古いものを削除する。
build-dep
ソースパッケージのビルド依存情報を設定する。
check
壊れた依存関係があるかチェックする。
clean
ダウンロードしたアーカイブファイルを削除する。
dist-upgrade
ディストリビューションをアップグレードする。
install
新規にパッケージをインストールする。
remove
インストールされたパッケージを削除する。
source
ソースパッケージを取得する。
update
パッケージリストを取得・更新する。

apt-get update はパッケージリストを更新するコマンドである。

パッケージリストが古いと、パッケージのインストール失敗することがある。

$ sudo apt install gcc

E: Unable to fetch some archives, maybe run apt-get update or try with --fix-missing?

そのようなときは、パッケージリストを更新するとインストールできるようになる。

$ sudo apt-get update
upgrade
インストール済みのパッケージをアップグレードする。

ファイル

apt-get コマンドに関するファイルには次のものがある。

/etc/apt/sources.list
パッケージのフェッチ元の場所
/etc/apt/apt.conf
APT構成ファイル

Advanced Packaging Tool (APT)

Advanced Packaging Tool (APT)とは、Debian用に開発されたパッケージ管理システムである。

リポジトリの設定は、/etc/apt/sources.listファイルに記載されている。

deb file:///home/horiuchi/installer/packages ./

Linuxコマンド