tar

tar (tape archives)は指定したディレクトリまたはファイルのTARアーカイブファイルを作成・展開するLinuxコマンドである。TARアーカイブファイルはTARボールとも呼ばれる。

表示

アーカイブに含まれるファイルの一覧を表示する。

tar tvf file path
file
中身を表示するTARアーカイブのファイル名を指定する。
$ tar tvf example.tar

抽出

アーカイブからファイルを抽出(extract)する。

tar xvf file path
file
展開するTARアーカイブのファイル名を指定する。
$ tar xzf example.tar.gz

作成

アーカイブを新規作成(create)する。

tar cvf file path

追加

アーカイブの末尾にファイルを追加する。

tar rvf file path
file
作成するTARアーカイブのファイル名を指定する。
path
TARアーカイブを作成するディレクトリ又はファイルのパスを指定するUnixコマンドである。パスは絶対パスと相対パスのどちらを指定してもよいが、絶対パスで指定した場合、展開時に絶対パスで展開されるので注意が必要。

更新

アーカイブに含まれるファイルを更新(update)する。

tar uvf file path

オプション

tarコマンドには次のオプションを指定できる。

-z
--gzip
--gunzip
--ungzip
gzipコマンドを使ってアーカイブする。

Linuxコマンド