JSP (JavaServer Pages)

JavaServer Pages (JSP) とは、Javaプログラムを埋め込んだHTMLから自動的にJavaサーブレットを生成できる仕組みです。

ディレクティブ

JSPには次に示すディレクティブがある。

JSPディレクティブ
ディレクティブ説明
<%@ include %> 他のHTMLをインクルードする。

アクションタグ

JSPには次に示すアクションタグがある。

JSPアクションタグ
タグ説明
<jsp:forward> 別のページへ転送する。
<jsp:getProperty> JavaBeansのプロパティから値を取得する。
<jsp:include> 他のJSPページをインクルードする。
<jsp:param> 他のJSPアクションタグにパラメータを渡す。
<jsp:setProperty> JavaBeansのプロパティに値を設定する。
<jsp:useBean> JavaBeansの利用設定を行う。

JSTL (JavaServer Pages Standard Tag Library)

JavaServer Pages Standard Tag Library (JSTL) には次に示すタグがある。

JSTLタグ
タグ説明
<c:catch> 発生した例外を補足する。
<c:forTokens> 文字列を区切り文字で分割する。
<c:param> 他のJSTLにパラメータを渡す。
<c:redirect> 指定したURLへリダイレクトさせる。
<c:remove> 変数を削除する。
<c:url> URLをエンコードする。

JSTL Functions

fn:contains()

文字列の中に部分文字列が含まれているかどうかを返す。

fn:contains(string, substring)

fn:containsIgnoreCase()

文字列の中に部分文字列が含まれているかどうかを返す。比較の際、大文字と小文字は区別しない。

fn:containsIgnoreCase(string, substring)

fn:endsWith()

指定した文字列で終わるかどうかを返す。

fn:endsWith(string, suffix)

fn:escapeXml()

文字列に含まれるXML予約文字をエスケープする。

fn:indexOf(string, substring)

fn:indexOf()

部分文字列が出現する位置を返す。

fn:indexOf(string, substring)

fn:join()

配列の各要素を連結して文字列として返す。

fn:join(array, separator)

fn:length()

コレクションの項目数又は文字列の文字数を返す。

fn:length(object)

fn:replace()

文字列を置き換える。

fn:replace(string, before, after)

fn:split()

文字列を分割して配列で返す。

fn:split(string, separator)

fn:startsWith()

指定した文字列で始まるかどうかを返す。

fn:startsWith(string, prefix)

fn:substring()

部分文字列を返す。

fn:substring(string, start, end)

fn:substringAfter()

指定文字列以降の文字列を返す。

fn:substringAfter(string, substring)

fn:substringBefore()

指定文字列以前の文字列を返す。

fn:substringBefore(string, substring)