<jsp:include>

<jsp:include> は他のJSPページをインクルードするJSPアクションタグです。

タグ

<jsp:include page="/header.jsp" flush="true" />

<jsp:param> タグを使って、インクルードするページにパラメータを指定することもできる。

<jsp:include page="/footer.jsp" flush="true">
  <jsp:param name="user" value="tsuka" />
</jsp:include>

属性

<jsp:include> タグには次の属性を指定する。

page
インクルードするJSPページを絶対パスまたは相対パスで指定する。
flush
必ず true を指定する。

ディレクティブとの違い

<jsp:include> アクションタグと <%@ include %> ディレクティブは、どちらも他のページをインクルードすることができる。両者には次のような違いがある。

includeアクションとincludeディレクティブの違い
<jsp:include> <%@ include %>
タイミング 実行時 コンパイル時
実行速度 遅い 速い
用途 動的コンテンツ 静的コンテンツ

<jsp:include> アクションタグは実行時にインクルードするため、動的コンテンツをインクルードするのに向いている。

HTMLのような静的コンテンツをインクルードするには、<%@ include %> ディレクティブを使用したが方がよい。

JSPアクションタグ

JSPのアクションタグには、他にも次のタグがある。