V$SESSION

V$SESSION は現在のセッション情報を示すOracle動的パフォーマンス・ビューである。

SADDR

RAW(4 | 8)

セッション・アドレス

SID

NUMBER

セッション識別子

次の Oracle 動的パフォーマンス・ビューも SID 列を持つ。

SERIAL#

NUMBER

セッション・シリアル番号

AUDSID

NUMBER

監査セッションID

PADDR

RAW(4 | 8)

セッションを所有するプロセスのアドレス

USER#

NUMBER

Oracleユーザー識別子

AUDSID

VARCHAR2(30)

Oracleユーザー名

COMMAND

NUMBER

実行中のコマンド

OWNERID

NUMBER

移行可能なセッションを持つユーザーの識別子

TADDR

VARCHAR2(8)

トランザクション・ステート・オブジェクトのアドレス

LOCKWAIT

VARCHAR2(8)

大気中のロック・アドレス

STATUS

VARCHAR2(8)

セッションの状態

ACTIVE
セッションがSQLを実行中
INACTIVE
非アクティブで、制限が構成されていないか構成された制限を超えていないセッション
KILLED
消去予定のマーク付きセッション
CACHED
Oracle*XAで使用するために一時的にキャッシュに入っているセッション
SNIPED
構成された制限のいくつかを超えている非アクティブ・セッション

SERVER

VARCHAR2(9)

サーバー・タイプ

SCHEMA#

NUMBER

スキーマ・ユーザー識別子

SCHEMANAME

VARCHAR2(30)

スキーマ・ユーザー名

OSUSER

VARCHAR2(30)

OSのユーザー名

PROCESS

VARCHAR2(24)

OSのプロセスID

MACHINE

VARCHAR2(64)

OSのマシン名

PORT

NUMBER

クライアントのポート番号

TERMINAL

VARCHAR2(30)

OSの端末名

PROGRAM

VARCHAR2(48)

OSのプログラム名

TYPE

VARCHAR2(10)

セッション・タイプ

SQL_ADDRESS

RAW(4 | 8)

SQL_HASH_VALUEとともに使用され、現在実行されているSQL文を識別する

SQL_HASH_VALUE

NUMBER

SQL_ADDRESSとともに使用され、現在実行されているSQL文を識別する

SQL_ID

VARCHAR2(13)

現在実行されているSQL文のSQL識別子

次の Oracle 動的パフォーマンス・ビューも SQL_ID 列を持つ。

SQL_CHILD_NUMBER

NUMBER

現在実行されているSQL文の子番号

V$SQL 動的パフォーマンス・ビューの CHILD_NUMBER 列を指す。

SQL_EXEC_START

DATE

現在実行中のSQL実行が開始された時刻

SQL_EXEC_ID

NUMBER

SQL実行識別子

PREV_SQL_ADDR

RAW(4 | 8)

PREV_HASH_VALUEとともに使用され、前回実行されたSQL文を識別

PREV_HASH_VALUE

NUMBER

SQL_HASH_VALUEとともに使用され、前回実行されたSQL文を識別

PREV_SQL_ID

VARCHAR2(13)

最後に実行されたSQL文のSQL識別子

PREV_CHILD_NUMBER

NUMBER

最後に実行されたSQL文の子番号

PREV_EXEC_START

DATE

前回実行されたSQL文のSQL実行開始

PREV_EXEC_ID

NUMBER

前回実行されたSQL文のSQL実行識別子

PLSQL_ENTRY_OBJECT_ID

NUMBER

スタック上の最上位PL/SQLサブプログラムのオブジェクトID

PLSQL_ENTRY_SUBPROGRAM_ID

NUMBER

スタック上の最上位PL/SQLサブプログラムのサブプログラムID

PLSQL_OBJECT_ID

NUMBER

現在実行中のPL/SQLサブプログラムのオブジェクトID

PLSQL_SUBPROGRAM_ID

NUMBER

現在実行中のPL/SQLオブジェクトのサブプログラムID

MODULE

VARCHAR2(64)

現在実行中のモジュール名

MODULE_HASH

NUMBER

MODULE列のハッシュ値

ACTION

VARCHAR2(64)

現在実行中のアクション名

ACTION_HASH

NUMBER

ACTION列のハッシュ値

CLIENT_INFO

VARCHAR2(64)

DBMS_APPLICATION_INFO パッケージの SET_CLIENT_INFO プロシージャによって設定された情報

FIXED_TABLE_SEQUENCE

NUMBER

セッションがデータベースへのコールを完了するたびに増加する数値

ROW_WAIT_OBJ#

NUMBER

ROW_WAIT_ROW# に指定されている行を含む表のオブジェクトID

ROW_WAIT_FILE#

NUMBER

ROW_WAIT_ROW#に指定されている行を含むデータ・ファイルの識別子

ROW_WAIT_BLOCK#

NUMBER

ROW_WAIT_ROW# に指定されている行を含むブロックの識別子

ROW_WAIT_ROW#

NUMBER

現在ロック中の行

TOP_LEVEL_CALL#

NUMBER

Oracle最上位のコール番号

LOGON_TIME

DATE

ログイン時刻

LAST_CALL_ET

NUMBER

セッションがアクティブになってからの経過時間

FAILOVER_TYPE

NUMBER

透過的アプリケーション・フェイルオーバーがセッションで可能かどうか

FAILOVER_METHOD

VARCHAR2(10)

セッションでの透過的アプリケーション・フェイルオーバー

FAILED_OVER

VARCHAR2(3)

セッションがフェイルオーバー・モードで実行中かどうか

RESOURCE_CONSUMER_GROUP

VARCHAR2(32)

セッションのカレント・リソース・コンシューマ・グループ名

PDML_STATUS

VARCHAR2(32)

PARALLEL DML使用可能モード

PDDL_STATUS

VARCHAR2(32)

PARALLEL DDL使用可能モード

PQ_STATUS

VARCHAR2(32)

PARALLEL QUERY使用可能モード

CURRENT_QUEUE_DURATION

NUMBER

キューに費やしている時間

CLIENT_IDENTIFIER

VARCHAR2(64)

セッションのクライアント識別子

BLOCKING_SESSION_STATUS

VARCHAR2(11)

ブロッキング・セッションがあるかどうか

BLOCKING_INSTANCE

NUMBER

ブロッキング・セッションのインスタンス識別子

BLOCKING_SESSION

NUMBER

ブロックしているセッションのセッション識別子

FINAL_BLOCKING_SESSION_STATUS

VARCHAR2(11)

最終ブロッキング・セッション

FINAL_BLOCKING_INSTANCE

NUMBER

最終ブロッキング・セッションのインスタンス識別子

FINAL_BLOCKING_SESSION

NUMBER

ブロックしているセッションのセッション識別子

SEQ#

NUMBER

現行または前回の待機を一意に識別する番号

EVENT#

NUMBER

イベント番号

EVENT

VARCHAR2(64)

セッションが待機しているリソースまたはイベント

P1TEXT

VARCHAR2(64)

第1待機イベント・パラメータの説明

P1

NUMBER

第1待機イベント・パラメータ(10進数)

P1RAW

RAW(8)

第1待機イベント・パラメータ(16進数)

P2TEXT

VARCHAR2(64)

第2待機イベント・パラメータの説明

P2

NUMBER

第2待機イベント・パラメータ(10進数)

P2RAW

RAW(8)

第2待機イベント・パラメータ(16進数)

P3TEXT

VARCHAR2(64)

第3待機イベント・パラメータの説明

P3

NUMBER

第3待機イベント・パラメータ(10進数)

P3RAW

RAW(8)

第3待機イベント・パラメータ(16進数)

WAIT_CLASS_ID

NUMBER

待機イベントのクラスの識別子

WAIT_CLASS#

NUMBER

待機イベントのクラスの番号

WAIT_CLASS

VARCHAR2(64)

待機イベントのクラスの名前

WAIT_TIME

NUMBER

セッションの待機時間

SECONDS_IN_WAIT

NUMBER

現在の待機が開始されるまで待機した時間

STATE

VARCHAR2(19)

待機状態

WAIT_TIME_MICRO

NUMBER

待機時間

TIME_REMAINING_MICRO

NUMBER

現在の待機の残り時間

TIME_SINCE_LAST_WAIT_MICRO

NUMBER

前回の待機終了後の経過時間

SERVICE_NAME

VARCHAR2(64)

セッションのサービス名

SQL_TRACE

VARCHAR2(8)

SQLトレースが使用可能か

SQL_TRACE_WAITS

VARCHAR2(5)

待機トレースが使用可能か

SQL_TRACE_BINDS

VARCHAR2(5)

バインド・トレースが使用可能か

SQL_TRACE_PLAN_STATS

VARCHAR2(10)

行ソース統計が各カーソルのトレース・ファイルにダンプされる頻度

SESSION_EDITION_ID

NUMBER

セッションで下記SQLによってレポートされる値

SELECT sys_context('USERENV', 'SESSION_EDITION_ID') FROM DUAL;

CREATOR_ADDR

RAW(4 | 8)

プロセスまたはサーキット作成のアドレス

CREATOR_SERIAL#

NUMBER

プロセスまたはサーキット作成のシリアル番号

ECID

VARCHAR2(64)

アプリケーション・サーバーから送信された実行コンテキストの識別子

動的パフォーマンス・ビュー

オラクル・データベースの動的パフォーマンス・ビューには次のものがある。