ALTER SYNONYM

ALTER SYNONYM は既存のシノニムを変更するSQL文である。

コンパイル

シノニムが指す対象オブジェクトを変更または削除すると、そのシノニムは無効になる。無効となった要因を取り除いてから ALTER SYNONYM でシノニムをコンパイルすると、そのシノニムが有効になる。

自分のスキーマ内にあるプライベート・シノニムをコンパイルする。

ALTER SYNONYM example COMPILE

他人のスキーマ内にあるプライベート・シノニムをコンパイルする。

ALTER SYNONYM tsuka.example COMPILE

パブリック・シノニムをコンパイルする。

ALTER PUBLIC SYNONYM example COMPILE

権限

自分のスキーマに含まれるプライベート・シノニムを変更するには、CREATE SYNONYM システム権限が必要である。

他人のスキーマに含まれるプライベート・シノニムを変更するには、CREATE ANY SYNONYM システム権限と DROP ANY SYNONYM システム権限が必要である。

パブリック・シノニムを変更するには、CREATE PUBLIC SYNONYM システム権限と DROP PUBLIC SYNONYM システム権限が必要である。

シノニムの変更に必要な権限
シノニムの種類 スキーマ 必要なシステム権限
プライベート・シノニム 自分 CREATE SYNONYM
他人 CREATE ANY SYNONYM
DROP ANY SYNONYM
パブリック・シノニム - CREATE PUBLIC SYNONYM
DROP PUBLIC SYNONYM

SQL