zcat

zcatは、圧縮ファイルを展開して標準出力に出力するUnixコマンドである。いわばcatの圧縮ファイル版である。

構文

zcat [file ...]

オプション

zcatには次のコマンドオプションを指定できる。

-h
ヘルプを画面に表示して、コマンドを終了する。
-L
ライセンスを表示して、コマンドを終了する。
-V
バージョン番号を表示して、コマンドを終了する。

使用例

zcatは展開したデータを、ファイルではなく標準出力へ出力する。パイプラインを使って、他のコマンドの標準入力へ送ることが多い。たとえば、tarでアーカイブしてから圧縮したファイルを展開するには、次のようにする。

zcat archive.tar.z | tar xvf -

なお、tarでアーカイブして圧縮したファイルのことをtar ball(ターボール)と呼ぶことがある。

関連コマンド

uncompress - 圧縮ファイルを展開するUnixコマンド

Linuxコマンド