zcat

zcatは、圧縮ファイルを展開して標準出力に出力するUnixコマンドである。いわばcatの圧縮ファイル版である。

構文

zcat [file ...]

オプション

zcatには次のコマンドオプションを指定できる。

-h
--help
ヘルプを画面に表示して、コマンドを終了する。
-L
--license
ライセンスを表示して、コマンドを終了する。
$ zcat -L
gzip 1.10
Copyright (C) 2018 Free Software Foundation, Inc.
Copyright (C) 1993 Jean-loup Gailly.
This is free software.  You may redistribute copies of it under the terms of
the GNU General Public License <https://www.gnu.org/licenses/gpl.html>.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
-V
--version
バージョン番号を表示して、コマンドを終了する。
$ zcat -V
gzip 1.10
Copyright (C) 2018 Free Software Foundation, Inc.
Copyright (C) 1993 Jean-loup Gailly.
This is free software.  You may redistribute copies of it under the terms of
the GNU General Public License <https://www.gnu.org/licenses/gpl.html>.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

Written by Jean-loup Gailly.

使用例

zcatは展開したデータを、ファイルではなく標準出力へ出力する。パイプラインを使って、他のコマンドの標準入力へ送ることが多い。たとえば、tarでアーカイブしてから圧縮したファイルを展開するには、次のようにする。

zcat archive.tar.z | tar xvf -

なお、tarでアーカイブして圧縮したファイルのことをtar ball(ターボール)と呼ぶことがある。

関連記事

tar
TARアーカイブを作成・展開する Linux/Unix コマンド
uncompress
圧縮ファイルを展開する Linux/Unix コマンド