HTML html要素(タグ)

HTML要素はドキュメント構造を表す要素です。HTML文書においてルート(最上位)要素となります。開始タグと終了タグで囲まれた範囲がHTML文書になります。

構文

HTMLでは、html要素の開始タグと終了タグは共に省略できる。タグ名は大文字と小文字を区別しない。

<!DOCTYPE html>
<HTML>
  <HEAD>
    <TITLE>HTML example</TITLE>
  </HEAD>
  <BODY>
    <P>HTML example</P>
  </BODY>
</HTML>

内容モデル(開始タグと終了タグの間に存在する子要素)はhead要素とbody要素である。

XHTMLでは、html要素の開始タグと終了タグは共に省略できない。タグ名は小文字で指定する。

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>HTML example</title>
  </head>
  <body>
    <p>HTML example</p>
  </body>
</html>

属性

<html> タグには次の属性を指定できる。

class
CSSのクラスを指定する。空白で区切って、複数のクラスを指定できる。
data-*
カスタムデータ属性を指定する。カスタムデータ属性とは、JavaScript から要素独自の属性を読み取るための仕組みである。
dir
テキストを記述する方向を指定する。
dir属性
ltr 左から右へ記述する (日本語や英語など)
rtl 右から左へ記述する (アラビア語など)
auto ユーザーエージェントに決定させる
id
HTML文書内で一意な識別子を指定する。ただし、HTML文書内にhtml要素はひとつしか存在しないので、識別子が無くても特定できる。
<html id="root">
lang
htmlタグのlang属性には、このHTMLコンテンツが何語で記述されているかを指定する。日本語のページであれば「ja」を指定すればよい。
<html lang="ja">
prefix
OGP (Open Graph Protocol) を設定するには、HTMLタグのprefix属性を次のように指定する。
<html prefix="og: http://ogp.me/ns#">

OGPの詳細は、ヘッダ内にmetaタグで指定する。

style
CSSのプロパティを指定する。セミコロンで区切って、複数のプロパティを指定できる。
xmlns
(XHTML) XML名前空間のURIを指定する。XHTMLの名前空間は「http://www.w3.org/1999/xhtml」である。
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
title
要素に関するアドバイザリー情報を指定する。

内容

html要素の中には head 要素と body 要素を入れることができる。

親要素

html要素はHTML文書におけるルート(最上位)要素であり、親要素は無い。

JavaScript

JavaScriptからはHTMLHtmlElementインタフェースを通じてhtml要素へアクセスできる。

HTMLHtmlElementインタフェースのプロパティ
プロパティ 説明
dataset DOMStringMap html要素のカスタムデータ属性(読取り専用)
dir DOMString html要素のdir属性
firstChild Node 最初の子ノード(読取り専用)
id DOMString html要素のid属性
innerHTML DOMString 要素内容のマークアップ
innerText DOMString ノードに描画されるテキスト
lang DOMString html要素のlang属性
lastChild Node 最後の子ノード(読取り専用)
style CSSStyleDeclaration html要素のstyle属性

HTMLタグ

HTMLには次の要素(タグ)がある。

参考文献

WHATWG (2021) "The html element" HTML Living Standard