ALTER SYSTEM システムのプロパティを設定するSQL文

ALTER SYSTEMとは、システムのプロパティを設定するSQL文である。

パラメータの値を変更する

サーバー・パラメータ・ファイル(SPFFILE)を使用している場合は、ALTER SYSTEM コマンドを使用してパラメータの値を変更する。

ALTER SYSTEM SET parameter=value SCOPE=SPFILE|MEMORY|BOTH
parameter

設定するパラメータの名前を指定する。

value

パラメータに設定する値を指定する。

SCOPE

変更する範囲(スコープ)を指定します。

スコープ 説明
SPFILE サーバパラメータファイルを変更する。現在起動中のインスタンスには影響が無く、再起動するまで反映されない。
MEMORY 現在起動中のインスタンスを変更する。サーバパラメータファイルには影響が無く、再起動すると変更前の値に戻る。
BOTH サーバパラメータファイルと現在起動中のインスタンスを変更する。

サーバー・パラメータ sga_max_size を変更する例を次に示します。

ALTER SYSTEM SET sga_max_size = 300M SCOPE = spfile;

セッションを切断する

セッションを切断する。

ALTER SYSTEM KILL SESSION 'sid, serial#';

セッションを強制終了するSQL文の例を次に示す。

SQL> SELECT SID, SERIAL#, USERNAME FROM V$SESSION WHERE USERNAME = 'TSUKA';

       SID    SERIAL# USERNAME
---------- ---------- ----------
       100        116 TSUKA

SQL> ALTER SYSTEM KILL SESSION '100, 200';

システムが変更されました。

サービスを登録する

ALTER SYSTEM REGISTER

SQL