AVG 平均値を返すSQL関数

AVGは平均値を返すSQL関数です。この記事では、AVGの使い方をサンプルを交えてご紹介します。

avgは平均値を返す集合関数です。

AVG([ALL|DISTINCT] expr)
ALL
重複する値もすべて含める(デフォルト)
DISTINCT
重複する値は除外する

社員表(emp)から給料(sal)の平均値を求める。

SELECT AVG(sal) FROM emp