DROP USER ユーザを削除するSQL文

DROP USERとはユーザを削除するSQL文です。OracleやPostgreSQL、MySQL、SQLServerで使用できます。この記事では、DROP USER文の使い方をご紹介します。

DROP USER user [CASCADE]
user

削除するユーザの名前を指定する。ユーザは非スキーマオブジェクトなので、スキーマ名で修飾しない。

DROP USER tsuka

CASCADE

削除しようとするユーザーがオブジェクトを所有しているときは、そのユーザーを削除することはできない。

ただし、CASCADEを指定すると、オブジェクトを所有しているユーザーも削除することができます。

DROP USER tsuka CASCADE

通常、ユーザは多数のデータベースオブジェクトを所有しているので、CASCADEオプションを付けるとたくさんのオブジェクトを削除することになる。そのため、実行速度は遅くなる。

権限

ユーザーを削除するには、DROP USERシステム権限が必要です。

関連SQL