DROP SEQUENCE シーケンスを削除するSQL文

DROP SEQUENCEはシーケンスを削除するSQL文です。OracleやPostgreSQL、SQLServerで使えます。この記事では、DROP SEQUENCE文の使い方をご紹介します。

構文

DROP SEQUENCE [schema.]sequence
schema

シーケンスが存在するスキーマの名前を指定する。シーケンスが自分のスキーマにある場合は、スキーマの名前を省略できる。

sequence

削除するシーケンスの名前を指定する。

DROP SEQUENCE empno

PostgreSQL

PostgreSQLでもDROP SEQUENCE文を使える。

DROP SEQUENCE foo, bar

削除しようとするシーケンスが存在しない場合、DROP SEQUENCE文はエラーになる。

DROP SEQUENCE文にIF EXISTSオプションを指定すると、削除しようとするシーケンスが存在しなくてもエラーにならない。

DROP SEQUENCE IF EXISTS foo, bar

削除しようとするシーケンスに依存するオブジェクトが存在する場合、DROP SEQUENCE文はエラーになる。

DROP SEQUENCE文にCASCADEオプションを指定すると、削除しようとするシーケンスに依存するオブジェクトも自動的に削除される。

DROP SEQUENCE foo, bar CASCADE

SQLServer

SQLServerでもDROP SEQUENCE文を使える。

DROP SEQUENCE foo, bar

削除しようとするシーケンスが存在しない場合、DROP SEQUENCE文はエラーになる。

DROP SEQUENCE文にIF EXISTSオプションを指定すると、削除しようとするシーケンスが存在しなくてもエラーにならない。

DROP SEQUENCE IF EXISTS foo, bar

関連SQL