JavaScript Formオブジェクト

JavaScriptにおいて、HTMLフォームはFormオブジェクトとして表わされる。HTML文書の各<form>タグに対してFormオブジェクトが作られる。

Elementオブジェクトのプロパティ、メソッド及びイベントもサポートする。

document.forms

form要素は window.document オブジェクトの forms プロパティから取得できる。forms プロパティは、HTML文書に含まれる全てのform要素のコレクションである。

for (form in document.forms) {
  // do something
}

個別のform要素は、0から始まる添字で指定することができる。

let form = document.forms[0]

form要素にname属性を指定していれば、添字を名前で指定することができる。いわゆる連想配列である。

<form name="cart">
  <input type="text">
</form>
<script>
  let form = document.forms['cart']
</script>

document.getElementById

form要素にid属性を指定していれば、window.document オブジェクトの getElementById メソッドでformオブジェクトを取得することができる。

<form id="cart">
  <input type="text">
</form>
<script>
  let form = document.getElementById('cart')
</script>

acceptCharset

form要素のaccept-charset属性の値

let acceptCharset = window.document.forms[0].acceptCharset

action

form要素のaction属性の値

<form action="https://segakuin.com/php/get.php">
  <input type="text">
</form>
<script>
  let action = window.document.forms[0].action
</script>

autocomplete

form要素のautocomplete属性の値

<form autocomplete="on">
  <input type="text">
</form>
<script>
  let autocomplete = document.forms[0].autocomplete
</script>

elements[]

フォームの全要素

let element = document.forms[0].elements[0]
for (let element in document.forms[0].elements) {
  // do something
}

enctype

form要素のenctype属性の値

let enctype = document.forms[0].enctype

length

フォームの要素数

let length = document.forms[0].length

method

form要素のmethod属性の値

let method = document.forms[0].method

name

form要素のname属性の値

let name = document.forms[0].name

noValidate

form要素のnoValidate属性の値

<form novalidate>
  <label for="pw">Password</label>
  <input type="password" id="pw" minlength="8" maxlength="16">
</form>
<script>
  if (document.forms[0].noValidate) {
    /* do something */
  }
</script>

target

form要素のtarget属性の値

let target = document.forms[0].target

rel

form要素のrel属性の値

let rel = document.forms[0].rel

checkValidity

checkValidity()メソッドが呼び出された場合、ユーザーエージェントはフォーム要素の制約を静的に検証し、制約検証の結果が肯定的であれば真を、否定的な結果を返した場合は偽を返す。

reset

フォームをリセットする。

var form = document.forms['cart'];
form.submit();

submit

フォームをサブミットする。

Formオブジェクトの使用例を示す。

var form = document.forms['cart'];
form.action = "/foo/addcart";
form.submit();

onreset

リセットボタンがクリックされた

onsubmit

サブミットボタンがクリックされた

参考文献

Web Hypertext Application Technology Working Group (2022) "Forms" HTML Living Standard