SCRIPT HTML要素(タグ)

<SCRIPT> はスクリプトを実行するHTMLタグです。 スクリプトは開始タグと終了タグの間に記述するか、スクリプトを記述した外部ファイルのURLをsrc属性に指定します。 スクリプトに対応していないブラウザの場合に表示する文字列は <NOSCRIPT> で指定できます。

スクリプトの埋め込み

HTML文書にスクリプトを埋め込むには、script要素の開始タグと終了タグの間にスクリプトを記述する。

<script>
  <!-- スクリプト -->
</script>

外部スクリプト

HTMLとは別にJavaScriptのファイルを用意して、そのURLを指定することもできる。

<script src="example.js">

属性

async
スクリプトを非同期で読み込む。
charset
文字セットを指定します。
charset
意味
euc-jp 日本語 EUC
iso-2022-jp JISコード
iso-8859-1 西ヨーロッパ言語 ISOコード
Shift_JIS シフトJISコード
UTF-8 Unicode (UTF-8)
UTF-16 Unicode (UTF-16)
x-euc-jp 日本語EUC(euc-jpが正式採用される前に仮に使用されていた名前)
x-sjis シフトJISコード(Shift_JISが正式採用される前に仮に使用されていた名前)
defer
HTML文書の読み込みと解析が終わってから外部スクリプトを実行する。 スタイルシートや画像の読み込み完了は待たずにスクリプトを実行する。 src属性と共に指定する必要がある。
<script defer src="example.js">
integrity
取得したリソースが予期せぬ改ざんを受けずに提供されたかを、ユーザーエージェントが検証するために使用できるメタデータを指定する。
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/bootstrap@5.1.0/dist/js/bootstrap.bundle.min.js"
  integrity="sha384-U1DAWAznBHeqEIlVSCgzq+c9gqGAJn5c/t99JyeKa9xxaYpSvHU5awsuZVVFIhvj"
  crossorigin="anonymous">
type
MIME Media Typesを指定する。
type属性
意味
application/ecmascript ECMAScript
application/javascript JavaScript
text/ecmascript ECMAScript
text/javascript JavaScript

text/javascript及びtext/ecmascriptは古い形式である。現在ではapplication/javascript及びapplication/ecmascriptの使用が推奨されているが、古いウェブブラウザ(Internet Explorer 8など)では対応していない。

HTML 4.01及びXHTML 1.0の場合、type属性は必須であり、省略できない。HTML5の場合、type属性は省略可能であり、デフォルト値は"text/javascript"である。

src
スクリプトが外部のファイルに記述されている場合、そのファイルの URI を指定する。
<script src="/js/example.js">

URI は相対パスで指定することもできる。

<script src="../js/example.js">

別ドメインのスクリプトを指定することもできる。

<script src="https://example.com/js/example.js">

使用例

HTMLタグ <script> の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

<p>
  JavaScriptは
  <script>document.write("ON");</script>
  <noscript>OFF</noscript>
  です。
</p>

HTMLタグ