javax.servlet.httpパッケージ

Javaサーブレットのパッケージ「javax.servlet.http」には、サーブレットのクラスと実行環境の間でHTTP通信を行う際のクラスとインタフェースを含んでいます。

javax.servlet.httpは、サーブレットのクラスと実行環境の間でHTTP通信を行う際のクラスとインタフェースを含むパッケージである。

インタフェース

javax.servlet.httpパッケージには、次に示すインタフェースがある。

javax.servlet.httpパッケージのインタフェース
インタフェース 説明
HttpServletRequest HTTPサーブレット用の要求情報を提供するため、ServletRequestインタフェースを拡張したもの。
HttpServletResponse 応答を送信する際にHTTP固有の機能を提供するため、ServletResponseインタフェースを拡張したもの。
HttpSession ユーザがWebサイト内の複数のページを訪れる際に、ユーザを識別したり、ユーザに関する情報を保存するための方法を提供する。

クラス

javax.servlet.httpパッケージには、次に示すクラスがある。

javax.servlet.httpパッケージのクラス
クラス 説明
Cookie クッキーを作成する。
HttpServlet サーブレットの抽象化クラス

javax.servlet.http.HttpServlet

javax.servlet.http.HttpServletクラスのメソッド
メソッド 説明
service publicで定義されたserviceメソッド経由で標準HTTPリクエストを受け取り、それらをこのクラスで定義されたdoXXXメソッドにディスパッチする。
doDelete ServletにDELETEリクエストを処理可能にされるため、serviceメソッド経由でサーバによって呼び出される。
service クライアントからのリクエストを、protectedと定義されたservletメソッドにディスパッチする。

service

protected void service(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res)

doDelete

protected void doDelete(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res)

service

void service(ServletRequest req, ServletResponse res)

HttpServletResponse

応答を送信する際にHTTP固有の機能を提供するため、ServletResponseインタフェースを拡張したもの。

HttpServletResponseクラスのフィールド
フィールド 説明
SC_OK HTTPのステータスコード200 (OK)
SC_FORBIDDEN HTTPのステータスコード403 (Forbidden)
SC_NOT_FOUND HTTPのステータスコード404 (Not Found)
SC_INTERNAL_SERVER_ERROR HTTPのステータスコード500 (Internal Server Error)

setStatus

レスポンスのステータス・コードを設定する。

void setStatus(int sc)