VARIABLE バインド変数を宣言するSQL*Plusコマンド

VARIABLEはバインド変数を宣言するOracle SQL*Plusコマンドです。バインド変数は、PL/SQLやSQL*Plusから参照できます。この記事では、VARIABLEコマンドの使い方をご紹介します。

構文

セッション内で宣言されているすべての変数を表示する。

VAR[IABLE]

指定した変数の宣言を表示する。

VAR[IABLE] var

変数を宣言する。

VAR[IABLE] var type
var

変数の名前を指定する。

type

変数のデータ型を指定する。

SQL> VARIABLE empno NUMBER
SQL> VARIABLE ename VARCHAR2(20)
SQL> VARIABLE empno
変数   empno
データ型   NUMBER

SQL> VARIABLE
変数   empno
データ型   NUMBER

変数   ename
データ型   VARCHAR2(20)

SQL>

バインド変数に値を代入する

バインド変数に値を代入するSQL*Plusコマンドは存在しないので、EXECUTEコマンドを使って、PL/SQLプログラムとして実行する。

SQL> EXECUTE :empno := 12

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

SQL>