CSV.jl パッケージ

JuliaからCSV形式のデータを扱うには、CSVパッケージとDataFramesパッケージが必要になる。

JuliaのREPLでCSVパッケージとDataFramesパッケージを追加する。

julia> using Pkg

julia> Pkg.add("CSV")

julia> Pkg.add("DataFrames")

CSV.read()

CSVファイルからデータを読み込むには、read関数を使う。特定の列を抽出するには、1から始まる列番号を指定する。

using CSV
using DataFrames

df = CSV.read("./quotes.csv", DataFrame)

dates = df[!,1]
names = df[!,2]

println(dates)
println(names)

CSVファイルにヘッダ行があれば、抽出する列を列名で指定することもできる。

using CSV
using DataFrames

df = CSV.read("./quotes.csv", DataFrame)

println(df.Date)
println(df.Name)